クリトリスに叩きつけた

股間にあてがった 愛撫を施し始めた そうそう結構手を焼いてるらしいのよ。女性社員が話しているのが、私の耳にも届く。最近社内では、部長のことが話題に上るようになっていた。その遣り取りの中に、多少気になるワードがあった。私に…

先生のチンポ

尻を鞭で一打ちしてひざまずかせた 射精まで導けたという経験はなかったしもちろん、ずっと遠い場所でおきた事件が、屋敷の中の少女と関係があるとは思ってもいないが、名前を付けることによって身近に感じ、親近感が増してくるから不思…

チンポがズボズボってアタシの

肉棒をしごくたびに両頬がくぼむのが ピストン抽送法で きゃふ、ひんっっみへ、くだひや…。しゃとりしゃんとうん、にゃあにぃっサトリと比べると言われ続けて、ブレーキが壊れたな。くらべへ…櫻子は淫裂を開いて隙間を露わにされ、赤…

チンチンを扱きながら靖史の

バイブがお尻に取り付けられているダイヤルを回 ほら、先走り汁が帯電してるでしょ?体液にバッテリーみたいな効果があるのかしら。メンほど溜まってるわけじゃないから、ドキッとする程度だろうけどそういう表情の時は、科学者なんだな…

肉棒とそれを

ペニスを押し当てた 夏美は最後にそう念を押すと、丸めたティッシュを投げつけ、大股で客室を出ていく。芳彦は朦朧とした頭で、夏美の言葉を呆然と聞くばかりだった。 第六章幼馴染みの清らかな恥芯翌日、芳彦は朝から終始困惑げな表情…