サリナはより快感を得ようとしてか自分からも腰

ズボンとパンツに押さえられたペニスは

ペニスをしごくと同時に指で亀井の
エリカのおま俺はエリカのヒップを強く引きつけると、そのまま腰の動きを早めた。肉と肉とがこすれ合う卑猥なリズムが刻まれる。あんっ、あんあんあんあんあん…あぁああお、お兄ちゃん、激しいよぉっつーしエリカが訴えるが、ここまできたらもう止めようがない。俺はただ、ひたすら欲望のままにエリカの処女肉に肉棒を抜き差し続けた。ああーっ、あーっ、ああーっひいっ、んひいぃぃっっ!

ピストン抽送法によるそれとは様子が大きく違っ
。!エリカーっ!エリカ!うおおっつつ。瞬間、爆発が起こった。ぶびゅううつつ!びゅっ、どぴゅうっ!ぐっ!ああっっお兄ちゃぁぁん、Jっ、ごぼっ!子宮を灼熱の精液で満たされる感覚に、エリカはわなないた。なかなっ膣内に出されてるぅぅっお兄ちゃんのがあぁっ…たっぷり奥までええっっああんんっっひあんつー!びくぅぅっっ!ぷびゅっ!

ピストン運動してくださいってな

はぁぁん出てるよぉぉぉつつ…ああんこんなにいい…はあようやく長い射精が終わった。エリカとの結合部から逆流した精液がぼたぼたつとしたたった。なかお兄ちゃんの…こんなにいっぱいいエリカの膣内にいはふん…エリカはしばらく、そんなことをつぶやいていた。お兄ちゃぁぁんらいしゅきいい…チュッとキスを仕掛けてくる俺もだよ、エリカ…。そっと答えて、優しく頭を撫でてやるいつのまにか、神社の裏手だけでなく、一帯はシーンと静まり返っていた。

男の人はペニスをクリトリスだけでなときおり熱くぬかるんだ窮屈石段の上に並んで座って、俺たちはくっつき合っていた。花火、終わっちゃつたね。エリカが寂しそうに、ささやいた。ああ…見たかったか?ううん…いいの。もっとステキな花火、いっぱいエリカの膣内にあげてもらったから。ようやくエリカらしくなってきたな。えーっ?それ、どういう意味だよぅ、お兄ちゃん?

マンコだって鍛えないと締まらない

エリカがエッチで、そんで、ちょっぴりギャグが親父くさいってことさ。ぶーぶんなこと言うの?もー!じゃあ、親父くさいってのは撤回。なんか痴女っぽい。なかそんなの納得いかないよう。可憐な乙女をつかまえて、なんでそマシなのかよっ!あはは、とエリカは笑い崩れた…ねぇ、お兄ちゃん?ん?何だ?ボクたち、ずっと一緒だよね…ああ…。ずっとこうしていられるよね…?の不安を感じてないと言えば、嘘になるけど。

痴漢ごっこを付き合ってくれないか

ずっと一緒さ、エリカ…今は、確かにそういう気持ちだった。お兄ちゃん!エリカは俺の肩に、ぽふっと身を預けた。見上げると、月が綺麗だった。
課外授業先生はだれのもの?さーて、ここまでのところで分からないところはあるか?ひととおりの講義を終えて、俺は三人の顔を見渡した。

    1. 愛撫もいい
    1. 先輩のこのカチカチの勃起オ
    1. 尻尾を抑えることすらも出来なかった