尻たぶを掴んで左右の親指で秘裂を押し広げた

ペニスに生じた快感に喘ぎ声をあげながらよし

乳首を口に含んで
何事もなかったかのように職場の時間は流れていく。谷川は少し落ち着きを取りもどした。ツケなんて遊びみたいなものかと思ったが、ナオミは覚えていたのだ。いつものような気まぐれかもしれない。いや、ナオミのあの性格だ。一度、本人が言いだしたことだから、俺が何か言い返せば、怒壊れてしまうだろう。りの火に油を注ぐだけだ。

と根掘り葉掘り聞こうものならナオミは激怒して、すぐにその場から飛び去ってしまうだろう。だとすれば、毎回、ほんの1時間でも2時間でも会ってくれることは、谷川にとって望外の幸せなのだった。だが、ナオミにとって俺は果たしてどのような存在なのだろうか?愛人?恋人?金を貢ぐだけの都合のよい男そんなことを仕事中に考えていたら、谷川さん、電話です。と、職場の同僚に告げられた。出てみると、ナオミからだった。谷川は、冷や汗が流れ出すのを感じた。なぜ、ナオミが、職場に…。
クリトリスの下の麓にそっと当てる

射精願望を訴えていたが

谷川は、職場の同僚の手前、つとめて冷静に、うん、うん、とか、はい、はい、と受話器に回りの者が、谷川の額から汗がにじみ出た。向かって返事をしていた。谷川の会話に耳をそばだてているのは明らかだった。ナオミの法外な要求に、いままでのツケを払ってもらいたいというのだ。ナオミは冷たく言い放った。明日、3時、宮下町の比之花咲夜姫神社に、お金持ってこれますか?谷川は返事に詰まった。こでナオミと言い争えば、職場の皆がいぶかしがるだろう。

オマンコが俺の


肛門のまわりの不気味な襞を舐めはじめた

谷川は、ごくりとつばを飲み込み、ひりひり渇いた喉から、言葉をふりしぼるはでは、明日、3時、待っています。そう言って、電話は切れてしまった。谷川は受話器を置くと、自分の机の藁の山の中にうずもれるように隠れた。何の電話だったのか、そう同僚がたずねて来るのが恐ろしい。心臓がばくばく音を立てている。誰かに声を掛けられたら、いま、だが幸いに、回りの同僚は、それほど暇ではなかった。
チンチンを扱きながら靖史の

乳首の形もくっきりと透けでているのがわかる

何事もなかったかのように職場の時間は流れていく。谷川は少し落ち着きを取りもどした。ツケなんて遊びみたいなものかと思ったが、ナオミは覚えていたのだ。いつものような気まぐれかもしれない。いや、ナオミのあの性格だ。一度、本人が言いだしたことだから、俺が何か言い返せば、怒壊れてしまうだろう。りの火に油を注ぐだけだ。

お尻の間から


チンポをマンコのなかに入れて
本当に、そんな四十八万なんて大金をナオミが欲っしたんだろうか。ナオミから電話があったなんて信じられない。さっきの出来事は夢か、俺の錯覚だろう。ナオミはツケの請求なんてしてこなかった。四十八万?高校生には大金すぎるだろう。どうするつもりだろう。それにしてもなぜ、急に谷川は、はっと我にかえり、引き出しを開けた。
股間に突き立てている

膣をかき回されることに慣れてしまった熟女なら

ボーナスの支給日だったのだそこには、今朝もらった明細書が入っていまさか、ナオミは知っていた?いや、そんな高校生が社会のことなどよくわからないはずだ。でも、家で父親がもらって話題になったのか?公務員のボーナスの支給はニュースでもやるし。ナオミはニュースでも見たのか?いや、ニュースに興味があるような子とも見えないが。