クリトリスの下の麓にそっと当てる

処女の秘唇が

膣を交互に貫いて
俺なら、少し休めば多分大丈夫だが。えっ…そ、そうなの?エリカは少しあわてていた。二回くらいなら、なんとかなる。それより、ツバキちゃん。さっきクルミちゃんにも聞いたことだけど。本当に俺でいいの?…はい。この間もうまく行ったし…やっぱり、初めてが先生だと、安心できると思う…それに、もっと男の人の身体のことも知りたい…そっか。よし、分かった。俺はうなずいたじゃあ、やろう。な…ちょ!エリカがあわて気味に漏らす。

最初はとっても痛くて、もう死んじやうかと思ったんだけど…途中からだんだん、ふわーっと身体が浮き上がるような感覚があって…その後は、どんどんどんどん、登りつめていって…最後はもう、天国にいるような感じで…そ、そんなに気持ちよかったんだうん…あたし、とっても幸せ夢がかないましたい、いや、俺の方こそ…先生、ありがとうございます。おかげで…えっとすると、それまで黙って聞いていたツバキが、いきなりおずおずと手を上げた。クルミと楽しんでいる間も、ツバキは固唾を飲んで見守るばかりだったのだが。どうしたの?ツバキちゃん。
エリカが、けげんな顔をすると。
シックスナインというのはお互いの下半身を責め合う体勢だ

セックスラ記事はあとで手直ししていくらでもフ

ツバキはこんなことを言い出したのだ。私も…その、初めては先生にしてほしい。エリカはあっけにとられた。ツバキちゃん、もうお兄ちゃんとしたじゃない?あれは…その、後ろだったから…いや、そのことは感謝している。後ろでもできるように拡張訓練してほしいと言うのは、私から言い出したことだし。

アナルだって経験済みよ


奴隷のようで嫌だと拒否し

たツバキは言いにくそうに声を絞り出す。ちゃんと女の子として…ま、前の方でも、経験したい…。まあ、それはもっともな要求だった。エリカは腕組みをして、うーんとうなった。そ、そりゃ、気持ちは分かるけど…。お兄ちゃんの体力が問題じゃない?男の人って、いったん射精すると、なかなか回復しないんでしょ?俺か?
クリトリスを噛み続けたりした

股間を見たのは確かです

俺なら、少し休めば多分大丈夫だが。えっ…そ、そうなの?エリカは少しあわてていた。二回くらいなら、なんとかなる。それより、ツバキちゃん。さっきクルミちゃんにも聞いたことだけど。本当に俺でいいの?…はい。この間もうまく行ったし…やっぱり、初めてが先生だと、安心できると思う…それに、もっと男の人の身体のことも知りたい…そっか。よし、分かった。俺はうなずいたじゃあ、やろう。な…ちょ!エリカがあわて気味に漏らす。

亀頭のエラで秘肉をこすりまくるさらに


尻をもじもじさせている
何だ?どうした、エリカ?う…そ、その。エリカは、ごにょごにょしていたが、うまく言葉が出てこない様子だった。挙げ句に、虚勢を張るようにしてこう言った。そ、そうだね!ツ、ツバキちゃんもちゃんとしたセックスを経験しといたらもっと女らしくなれるかもねっ!そうか。なら問題ないな。俺は立ち上がった。
クリトリスあたりから身体を浸食していく

尻が震えていた

んじゃぁ、こいつを勃たせてもらおうかな?とは勃起できそうもない。さすがに二度目となると、自然
あ、それ、ボクがやってもいいかなそ、エリカがしゅたっと手を上げる。ああ、いいよ?やったじゃあ、クルミちゃん、お兄ちゃんの乳首を舐めてあげて?ここぞとばかりに、仕切り屋の本領を発揮するエリカ。