射精を促してくる

亀頭部が秘孔に埋まっていく

愛撫のしかたをしますと尿道粘膜に異物が侵入するときの、背骨に電気を通されたような感覚、そして膀胱括約筋を押し広げられる瞬間に沸き起こる、堪えようのないない尿意…どんなに拒んでも許してもらえな
い、カテーテル挿入の辛い処置であるやがて、下腹部にひろがっていく重苦しい感覚が、尿意に代わりジワジワと水圧が増しはじめた。イルリガートルから流下する生理食塩水が膀胱に流入し、ゆっくりと、だが確実に膨らませていくのだった。よし、よし、超音波検査の時と同じだから、我慢できるだろう。もうすぐ、六百シーシーになるからねぇ。

尻尾型アナルバイブ

通常の分娩では、膀胱に尿がたまっていると赤ちゃんがおりてくる障害となるため、導尿処置が行われるものである。ところが、分娩の模擬体験をさせられる少女には、逆に膀胱への注水が行われているのだった。少しでも、分娩時に近い感覚を味わってもらうための配慮であるこれで、よろしいですわねぇ。何かございましたら、ナースコールでお呼びいただければと存じます。留置カテーテルの出口を圧力キャップで閉止した看護師が、深々と頭を下げて体験室から出て行った。お爺ちゃまア、お願い。もう、オシッコをさせてエ。お尻が頼りなくなり

射精することはできるんですけどその

全裸画像~セックスファンの皆様、お待たせ致しました~結衣もう、我慢できないの2狭い小部屋に二人だけになった途端、さっそく可愛いおネダリをはじめた。カテーテルの圧力キャップは、膀胱内の圧力が限界値に達したときに、キャップのゴム膜が破れて尿を流出させる安全弁である。それまでは、どんなに尿意が高まっても自力排泄が困難なのである。解剖台に乗せられたカエルのような姿勢で寝かされている少女が、許してもらえないことを知っていながら何度もなんども哀願している。いい子だから、少しだけ我慢しようねぇ。

肛門を貫く電流に衝き動かされて

ペニスを受け入れるこは
お爺ちゃんが、お腹をスリスリしてあげるからきれいに除毛処置をしてある恥丘の辺りをやさしくさすった。ほうら、こうすると楽になるだろう…オシッコを我慢していると、なってくるだろう、結衣い。だんだんいい気持ちに後、四ヶ月経てば、孫も窓の向こう側で出産を迎えるのである。その日まで、この子と二人でマタニティライフを満喫するのだ。可愛い孫の悦ぶ顔を見るためなら、何でも叶えてあげた力1·六7ャあほんとに、我慢できないの?…。
乳首までもがはっきりと映し出し機械操作のズー

フェラ抜きを見て

下腹の重苦しさに耐えかねて、甘えが一層強くなっていく。この子の一番の弱点に指を添えると、みるみる凝りが増していき、薄皮の中の小さな実が弾けそうになっているのが判った。さあ、分娩室でがんばる、朱美ちゃんの声を聞いてみようねぇ。菅野翁の指がスピーカーのスイッチを入れると、が聞こえてきた。分娩室内のざわめきと苦しそうな息づかい
幸福の分娩室

マンコにチンコが入っただけで

愛撫の仕方はワンパターンであり
はい、11回深呼吸をしてぇ息を止めてぇ便を出すようにおしりの方向へ力を入れて息冷静な助産師の声に続いて聞こえてきたのが、声である。涙を滲ませながら辛さに耐える朱美のうめき体験室に設置されたスピーカーから、分娩中の生々しい様子が伝わってきた。分娩監視装置につながれた少女が、助産師の掛け声に合わせて呼吸を整えようとしているのだったが、激しい痛みに襲われてなかなか息むことができずにいる様子である。心電図の画面を走るパルスがときおり乱れ、パルスオキシメータが示す血液中の酸素濃度が刻一刻と変化していく。未熟な身体が出産を強いられるため、リスクに備えジャンクソンリースと呼ばれるラグビーボールの形をした呼吸補助装置が、いつでも使えるように準備されているのだった。